レオンデンタルオフィス マウスピース矯正特設サイト

インプラントの手術後の生活で注意することとは?

みなさんこんにちは。

札幌市の歯医者【レオンデンタルオフィス】です。

インプラントの手術後の生活のポイントを抑えておくと、腫れや痛みを軽減できることがあります。

そこで今回は、インプラントの手術直後の生活で注意することについてご紹介します。

インプラント手術後の生活で注意すること

歯磨き

    お口の中が不潔になってしまうと、感染症のリスクも高くなってしまうため、インプラント手術をした部分以外のところは、きちんと歯磨きをしましょう

    インプラント手術をした所は、指示があるまで歯ブラシを当てるのは止めましょう。

    殺菌成分が入っていて、刺激が少ないうがい薬などはお口の環境を整える上で効果が期待できます。

    ただし、傷口が治るまでは強すぎるうがいは控えて、軽めにうがいをするようにしましょう。

    激しい運動と入浴

    インプラント手術直後は縫合していますが、歯ぐきが傷口になって入る状態です。

    血流が良くなることをすると、腫れや痛みの原因になることがあります。

    手術直後は運動や入浴を控えましょう。

    インプラント手術当日はお風呂ではなく、シャワーで汗を流す程度にしておいてください。

    喫煙

    たばこのニコチンやタールは血管を収縮させて、血液や栄養がスムーズに行き届かなくなってしまいます。

    そのため、特にインプラント手術直後は傷の治りに悪影響があったり、顎の骨とインプラント体の定着が悪くなってしまったりすることもあります。

    喫煙は歯周病を悪化させるなど、ほかの歯にとってもリスクが高くなります。

    インプラント手術前から禁煙をすることでお口の環境を整えやすくなりますので、おすすめしています。

    インプラント手術後の飲食で注意すること

    飲酒

      飲酒も血行が良くなるため、腫れや痛みが出やすくなります。

      手術後2~3日は控えていただくようにお願いしています。

      固い食事は控える

      インプラント手術した部分は負担になってしまうため、噛まないようにして反対側で噛んでいただくと良いですが、固い素材の食事は負担がかかる場合があります。

      インプラント手術直後は、うどんやおかゆなどやわらかい物からスタートして、徐々に慣れるようにしていきましょう。

      また、麻酔が効いていると、頬を咬んでしまったり、火傷をしても気づかなかったりすることがあります。

      インプラント手術後2~3時間程度は、麻酔が切れるまでかかることが多いため、麻酔が切れてから飲食をするようにしましょう。

      インプラント手術後のお薬

      ・抗菌剤

      インプラント部分の細菌感染を予防するために、抗菌剤を服用します。

      抗菌剤は、最後まで必ず飲み切るようにしましょう。

      途中で止めてしまうと耐性菌ができてしまい、咬筋剤が効きにくくなってしまうことがあります。

      ・鎮痛剤

      鎮痛剤は、状況に応じて服用する場合があります。

      歯科医師から指示があった分、必要に応じて服用しましょう。

      鎮痛剤を服用しても痛みが強い場合には、歯医者に連絡しましょう。

      インプラントをご希望の方もレオンデンタルオフィスへ

      歯を失った時の治療の選択肢として、インプラントはメリットが多い治療です。

      天然歯のような噛み心地を実感することができ、ほとんどが自由診療のためセラミックの素材を選択することができます。

      セラミックは、審美性も高く経年変化でも変色しにくい素材です。

      インプラント治療をご希望の方はお気軽にご相談ください。

      レオンデンタルオフィスのWEB予約はこちら

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です