レオンデンタルオフィス マウスピース矯正特設サイト

インビザラインのマウスピースが浮いた?その原因と対処法とは

みなさんこんにちは。

札幌市東区の歯医者【レオンデンタルオフィス】です。

マウスピースの交換は患者さまに行ってもらいますが、新しいマウスピースの交換した時に浮いてしまうことがあります。

そのまま使っていると、正しい矯正力がかからない場合もありますので、対処することが大切です。

そこで今回は、マウスピースが浮いた原因と対処法についてご紹介します。

・インビザラインのマウスピースが浮く原因とは?

装着時間が短い

インビザラインのマウスピースの装着は1日20~22時間する必要があります。

食事や歯磨きの時に取り外しができますが、その後取り外した時間が長くなると治療計画通りの力がかかりません。

そのため、歯が十分に動かずマウスピースが合わなくなってしまう可能性があります。

交換時期が守られていない

マウスピースの交換時期は、患者さまごとにお伝えしますが、多くの方が2週間程度で交換をお願いしています。

しかし、マウスピースの交換期間が早くなってしまうと、その位置まで歯が動いていないため、マウスピースが浮いてしまう可能性があります。

マウスピースの交換時期は、アプリでも管理できますので、ご希望の方はご相談ください。

誤った方法で着脱している

マウスピースを装着する時は手で取り外しをする必要があります。

マウスピースを装着する時に噛んで装着すると変形をする可能性があります。

変形したマウスピースをそのまま装着すると、インビザラインが浮く原因になります。

インビザラインの正しい治療効果を得るためには、マウスピースがきちんとフィットしていることが大切です。

マウスピースを新しく交換した時は浮きやすいため、アライナーチューイーをきちんと噛んでフィットさせましょう。

マウスピースの形に問題がある場合

マウスピースは透明のプラスチックの素材のため、熱に弱い性質があります。

そのため、熱湯で消毒をしてしまうと変形する可能性が考えられます。

今までマウスピースが合っていたのに、急に合わなくなった場合には、マウスピースの変形が考えられます。

1つ前のマウスピースに戻して問題なく入る場合には、マウスピースが変形している可能性があります。

その場合には、クリニックに確認しましょう。

新しいマウスピースに交換した直後

新しいマウスピースの交換した直後は一時的に0.5ミリ程度浮いている場合があります。

これは、段階的に形の違うマウスピースに交換するためで、マウスピースの後半になってくると改善されていきます。

しかし、マウスピースの後半になっても1ミリ以上浮きがある場合には、正しい矯正力がかかっていないことがあります。

【まとめ】

新しいマウスピースを交換したばかりの時の0.5ミリ程度の浮きは、歯の動きによって徐々に落ち着いてくることが多いです。

ただし、急に入らなくなった、1ミリ以上浮いているなどのケースでは何らかの問題がある場合があります。

その場合には、歯医者に相談して対処法を確認しましょう。

レオンデンタルオフィスでは、多くのインビザラインを行っていますので、気になる状態がありましたらお気軽にご相談ください。

レオンデンタルオフィスのtopページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です